肝炎について

肝炎とは、その名の通り何らかの原因によって肝臓に炎症が起こったことによって赤く腫れたり、熱を持つ、痛みを伴うという状態を指します。

肝炎を引き起こす原因には、ウイルスやアレルギー、アルコール、薬剤、中毒などがあります。
肝炎の症状は発症原因によって異なることもありますが、大きく分けると突然発症して数ヶ月間の治療でで症状が治まる急性肝炎、 急性肝炎が治まることなく肝細胞の破壊と修復が半年以上継続している慢性肝炎、肝炎の症状が現われて8週間以内に肝性脳症が現われて、 脳浮腫や感染症、腎障害など重篤な合併症を引き起こし、死に至ることが考えられる劇症肝炎の3つがあります。

私たちの肝臓は、その85%が損傷しても働き続けることができるといわれるほどのパワーを持つ臓器です。
また、再生力が強いことも特徴のひとつです。

その反面、病気を発症しても自覚症状がないことから肝炎を発症しても本人が気づくことができずに適切な処置ができていないということが問題となっています。

肝硬変について

肝硬変は慢性的な肝臓の障害が進行したことで、肝細胞が死滅したり減少することによって肝臓が硬く小さくなった状態です。
これによって肝臓の機能が失われ、正常なはたらきができなくなってしまいます。

日本国内での肝硬変の原因のほとんどが肝炎ウィルスを原因とした肝炎が進行したものといわれていますが、海外においてはアルコールが原因となるものも少なくありません。

肝硬変の主な症状には全身倦怠感や疲労感、尿の変色、腹部の膨満感、吐き気、腹痛、消化器官の異常、手足の震え、皮下出血などがあります。
さらに重度化すると黄疸や腹水、吐血、肝性昏睡などのほか、合併症なども起こりやすくなります。

肝硬変を予防するためには、その前段階である肝炎の予防が重要となります。
定期検診などで行われる血液検査を通して自分の肝臓の状態を確認することを意識づけると共に、過度のアルコール摂取を避けることを心掛け、 発症リスクの軽減に努めていきましょう。

肝臓癌について

近年増加傾向にある癌として、癌の死因3位に位置するのが肝臓癌です。

肝臓癌には、肝臓そのものに癌細胞が発生する原発性肝臓癌と胃や胆嚢など、他の臓器から癌が転移した転移性肝臓癌があります。
肝臓癌を発症した約8〜9割の人に肝硬変がみられており、これは肝炎が慢性化して肝硬変へと移行し、肝臓癌に発展することが多いということです。
そのため、癌を切除したとしても、肝硬変の症状がみられる残された肝臓に新たな癌細胞が発生しやすく、 手術を行った人の7割くらいは3〜5年後に肝臓癌を再発するといいます。

また、糖尿病の人が肝臓癌を発症するリスクは、そうでない人と比較すると1.97倍高いため、注意が必要です。
肝臓は沈黙の臓器といわれるように、癌を発症しても初期の段階で自覚症状はほどんどなく、本人が気づいたときには末期である可能性が多くあります。
自覚しづらい疾患だからこそ、肝炎はもちろん、肝硬変の症状がある人だけでなく、 疲れやすくなった、からだが浮腫みやすいなどの些細な症状を見過ごさないことが自らの肝臓を守ることにつながっていくのです。

肝臓の重要性について

【肝心かなめ】ということばがあるように、肝臓はは私たち人間ご健やかに生きていくために、とても重要な役割をしている臓器です。

からだの中には、多くの臓器がありますが、その多くは、それぞれにひとつの役割を担っています。
一度体内に取り込まれた食べ物は消化・吸収された後に肝臓で消費しやすい形に変換する代謝され、全身に運ばれるようになっています。
また、使われることがなかったエネルギーは、非常時に備えてグリコーゲンとして、肝臓に蓄えられます。
そして、 必要に応じ、分解してブドウ糖にしたり、アミノ酸からブドウ糖を合成することも肝臓の重要な働きです。
さらに、アルコールや薬剤など、からだに取り込まれた有害物質を無害なものに変えたり、体外に排出するはたらき、 胆汁を分泌して脂肪を分解するはたらきも肝臓で行われています。

これだけ多くの働きをしている肝臓に代わる臓器はなく、私たちが生きていく上で肝臓は【かなめ】となる臓器なのてす。

脂肪肝について

日本人の4人に1人は脂肪肝の状態にあるといいます。
以前は脂肪肝について指摘されることがほとんどなかったのですが、近年、健康上支障をきたすリスクがあると指摘されるようになってきたのは脂肪肝が肝硬変や 肝臓がんへと発展する可能性がある症状であること、そして様々な合併症のリスクを高めることがあるということがわかってきたからです。

肝臓は、からだの中で消費されることがなかった脂肪酸やブドウ糖を中性脂肪に変えて備蓄エネルギー として蓄えておく機能があります。
備蓄された脂肪は使うことがなければ、次々に増えていき、脂肪肝となってしまうのです。

原因としては過食や運動不足、アルコール等もありますが、ストレスや無理なダイエットも一因のひとつです。
脂肪肝は、自覚症状がほとんどなく、血液検査でしか判断できません。
症状が進行して肝硬変や肝臓がんの症状が出る前に、日頃から生活習慣に配慮して脂肪肝を予防するようにしましょう。

姉妹サイトはこちら

タウリンサプリで肝臓の数値を下げる